発電事業を超えて
ICTとの融合で次の時代のエネルギーを考える。

リガーレの新しいエネルギー事業

ICTとの融合による次の時代のエネルギー

既に電気自動車、エコキュートといった形で社会に分散して存在している余剰電力を情報通信ネットワークにより調達(買取り)、蓄積し、仮想発電所として運営することが可能になってきました。
また、より身近なところではスマートメーターを入口としてICTを活用すると電力は電気を供給することを超えて、生活の内容のデータ化が可能になり様々なサービスが生まれてきます。
例えば独居老人の安否にとどまらず健康状態の把握や、浪費型旧式電気製品の有無まで容易に把握できるようになります。
発電事業を超えてICTとの融合で次の時代のエネルギーを考えるそれが、弊社の新しいエネルギー事業です。

大学との共同研究

慶應義塾大学スマートエネルギー研究プロジェクト

慶應義塾大学先端技術研究センター副所長であり、同大学理工学部の教授でもある山中先生と共同でプロジェクトチームを立ち上げました。
山中研究室では、EVNO(Energy Virtual Network Operator)の研究開発を行ない、その制御技術、高速化技術、発電量予想技術、太陽光発電モニタ/コントロールなどを行なってきました。
それらの研究を次世代への発展を鑑み、新エネルギー技術の可能性や、それらのEVNOへのインパクトを文理融合、産学連携の枠組みで研究開発する「慶應義塾大学スマートエネルギー研究プロジェクト」を開設し、弊社はそのプロジェクトリーダーとして、まず新電力会社の新しい事業展開も共同で行うことを計画中です。
再生可能エネルギー100%の電力を供給しつつ、新たな付加価値を創造していきます。

プロジェクト概要

慶應義塾大学理工学部山中研究室では、EVNO(Energy Virtual Network Operator)の研究開発を行ない、その制御技術、高速化技術、発電量予想技術、太陽光発電モニタ/コントロールなどを行なってきました。
このたび、それらの研究を次世代への発展を鑑み、新エネルギー技術の可能性や、それらのEVNOへのインパクトを文理融合、産学連携の枠組みで研究開発する「慶應義塾大学スマートエネルギー研究プロジェクト」を開設しました。
(慶應義塾大学スマートエネルギー研究プロジェクトHPより)

プロジェクト発起人

プロジェクトリーダー
山中直明
(慶應義塾大学理工学部教授)

プロジェクトリーダー
櫻井雅之
(慶應義塾大学先端科学技術研究センター研究員、株式会社リガーレ代表取締役)

山中直明
(慶應義塾大学理工学部教授)

ホームページ

慶應義塾大学スマートエネルギー研究プロジェクト
新時代の電力事業へ

新時代の電力事業へ

ICTとの融合による
次の時代のエネルギー

創エネルギー事業

創エネルギー事業

太陽光発電事業
バイオマス発電事業

発電支援事業

発電支援事業

燃料供給事業
コンサルティング事業